プチ援交どこのサイト女性も自分自身を「もの」として取りあつかうように歪んでいってしまいます

D(ナイトワーカー)「高級なバッグとか頼んだらちょろくないですか?わたしとかは、何人かまとめて同じ誕プレ頼んで1個は自分用でほかはオークションに出してるよ」
筆者「えっ?せっかくもらったのにオークションに出すんですか?」
D(キャバクラで働く)「それでも皆も質に流しますよね?残しておいても邪魔になるだけだし、流行っている時期に単に飾られるだけならバッグにも悪いし」
E(国立大に通う十代)言いにくいんですが、Dさん同様、私も質に流すタイプです」
C(銀座のサロンで受付を担当している)ネットの出会いで何十万もお金儲けしているんですね。私はこれまでプレゼントもらったことないです」
筆者「Cさんの体験談を詳しく聞きましょう。出会い系サイト内でどのような異性が見かけましたか?
C「お金につながるような男性とは関わっていないですね。全部の人が、いつもは女の人と縁がないんだろうなって雰囲気で、体目的でした。わたしにとってえんこーちゃんねる援助交際アプリについてはお付き合いがしたくてやり取りを重ねたのに、いきなりホテルに連れてかれそうになって信じられませんでした。」
筆者「出会い系サイトにアクセスするのはどういった異性と知り合いたいんですか?
C「夢を見るなって承知で言うと医者とか法律関係の方とか国立大在学中の高給取りか将来稼ぎそうな人がいいです。
E(国立大に在学中)わたしはというと、今国立大で勉強中ですけど、出会い系サイトを見ていてもプーばかりでもないです。それでも、恋愛とは縁がない。」
出会い系サイトに関しても、オタクについてイヤな感情を持つ女性はなんとなく優勢のようです。
クールジャパンといって慣れてきたようにように思われる日本ですが、まだ単なる個人の好みという市民権を得る段階には育っていないようです。
筆者「ひょっとして、芸能人の世界で売り出し前の人って、サクラを仕事にしている人が沢山いるのでしょうか?」
E(とある業界人)「そうだとよく耳にします。サクラでお金を手に入れるって、シフト他に比べて自由だし、私たしみたいな、急にいい話がくるようなタイプの人種には必要な仕事なんですよ。不規則な空き時間を利用できるし、他じゃできない経験の一つになるし…」
C(現アーティスト)「ありがたい経験になるよね、女性としてコミュニケーションを図るのは難しいけど我々は男性だから、自分の立場から言ってほしいことを相手に投げかけてやればいい訳だし、男性の気持ちをわかっているから、相手もやすやすと引っかかるんですよね」
A(メンキャバ勤務の男性)「反対に、女性のサクラをやっている人は利用者の心理がわかってないからぶっちゃけ的外れっすよね」
著者「女性のサクラより、男のサクラの方が優れた結果を残しているのですか?」
D(とある芸能事務所在籍)「そうとも言えますね。秀でた結果を残しているのは大体男性です。だけど、僕みたいなのは女性キャラクターを演じるのが苦手なんで、いっつも叱られてます…」
E(某芸人)「基本、食わせものが成功する世ですからね…。女性になりきるのが思いのほか大変で…俺らも苦労してます」
ライター「女性の人格を作っていくのも、相当大変なんですね…」
女のキャラクターの作り方に関してのトークで盛り上がる一同。
そんな中で、ある一言につられて、自らアーティストと名乗るCさんに好奇心が集まりました。
新しい出会いが手に入る場を利用する人々に話を訊いてみると、大多数の人は、孤独になりたくないから、短い間でも関係が築ければ、別に構わないと言う捉え方で援交掲示板を選択しています。
つまるところ、キャバクラに行く料金をかけたくなくて、風俗にかけるお金もケチりたいから、タダで使える出会い系サイトで、「乗ってきた」女の子で手ごろな価格で間に合わせよう、と考え付く男性が出会い系サイトを用いているのです。
その傍ら、「女子」陣営ではまったく異なるスタンスをしています。
「相手が年上すぎてもいいから、何でもしてくれる人を彼氏にしたい。出会い系サイトのほとんどのおじさんは8割9割はモテない人だから、平均程度の女性でも思い通りにコントロールできるようになる可能性は高いよね!思いがけず、タイプの人に出会えるかも、デブは無理だけど、イケメンだったら会いたいな。このように考える女性ばかりです。
簡単に言えば、女性は男性の容姿か金銭が目的ですし、男性は「お手ごろな女性」を求めて援助交際アプリを役立てているのです。
男女とも、できるだけ安くお買い物がしたくて出会いたがっているようなものです。
そのように、出会い系サイトを役立てていくほどに、男達は女を「もの」として価値づけるようになり、女性も自分自身を「もの」として取りあつかうように歪んでいってしまいます。
えんこー掲示板の使い手の頭の中というのは、女性をじんわりと精神をもたない「物」にしていく類の狂気的な「考え方」なのです。
怪しいサイトは、仮の請求などの悪質な手口を実行して利用者の預金から掠め取っています。
そのやり口も、「サクラ」を活用したものであったり、本来利用規約が成り立たないものであったりと、適宜進化する方法で利用者に嘘をついているのですが、警察が泳がせている可能性が大きい為、まだまだ掘り起こされていないものが複数ある状態です。
殊に、最も被害が悪質で、危険だと想像されているのが、JS売春です。
言わずと知れて児童売春は違反ですが、援交サイトの一端の非道な運営者は、暴力団と合同で、わざわざこの児童を使った戦法で利用ユーザーから大金を盗み取っています。
この状況で周旋される女子児童も、母親から売られた方であったり縺れた事情のある人物であったりするのですが、暴力団は高々利益の為に、容赦なく児童を売り飛ばし、出会い系サイトと合同で売上を出しているのです。
意味ありげな児童のみならず暴力団と関係した美人局のような子供が使われている実態もあるのですが、総じて暴力団は、女性を贖い物として使うような犯罪に関与しています。
なお大至急警察が査察すべきなのですが諸般の兼ね合いがあって相変わらず取り締まりの対象にならない状況なのです。

このさいとでライン知り合う穴水エロライン北海道LINE

怪しいサイトは、不法の請求などの悪質な手口を試して利用者のマネーを取り上げています。
そのパターンも、「サクラ」を仕込んだものであったり、利用規約の内容が異なるものであったりと、雑多な方法で利用者を引っ掛けているのですが、警察が放っておいている度合が大きい為、まだまだ捕まっていないものが稀ではない状態です。
その内、最も被害が夥しく危険だと言われているのが、子供の売春です。
言うまでもなく児童買春はご法度ですが、line掲示板の限定的で邪悪な運営者は、暴力団と連絡して、知りながらこの児童を使った方策で利用ユーザーから大金を奪い去っています。
この折に周旋される女子児童も、母親から売りつけられた弱者であったり縺れた事情のある人物であったりするのですが、暴力団はまずは利益の為に、問答無用に児童を売り飛ばし、line掲示板と一緒に儲けを出しているのです。
上述の児童に限らず暴力団と交流のある美人局のような子供が使われている事例もあるのですが、少なくない暴力団は、女性を売春対象にして使うような犯罪を続けています。
なお緊急に警察が査察すべきなのですが複雑な兼ね合いがあってことのほか取り締まりの対象にならないのが現状なのです。
常識的にあやしいと思っていればおかしな男性についていくことなどないのにと信じられないところなのですがよく言えばきれいな心で簡単に信じてしまう彼女たちのような乙女はやばい人だと感じていてもその人から離れられなくなっています。
これまでに数名の女性が暴力事件に遭遇したり生命を奪われたりしているのにその一方でそのようなニユースから自分には起こらないという女性たちは嫌な感じを無視して相手の思うつぼ逆らえないようになってしまうのです。
今までに彼女の身におきた「被害」は、どこから見ても犯罪被害ですし、どう考えても法的に処罰することができる「事件」です。
ですがline掲示板に混ざる女性は、どういう理由か危機感がないようで、冷静であればすぐに当たり前に機関に訴えるようなことも、無視して受け流してしまうのです。
結果的にline掲示板 福岡危害を加えた人はこんな悪いことをしても暴露されないんだ容認して貰えるならどんどんやろう」と、有頂天になってline掲示板を活用し続け、被害者を増加させ続けるのです。
「黙って許す」となってしまうと心が広い響きがあるかもしれませんが、その考えこそが、犯罪者を増加させているということをまず解らなければなりません。
被害を受けたと時にはすぐに、警察でも費用は一切なしで相談できる窓口でも何であれはじめに相談してみるべきなのです。

私の文通相手

今では、携帯電話を持っていないほうが、珍しい時代になりましたね。
この携帯の時代は、メール交換をすことで、相手との交流を深めることが出来ます。
でも、20年前になるとメル友ならぬ、文通相手でしたよね。

今では、遠く離れた友人ともメール交換をすることで、より身近に感じることが出来ます。
でも、昔は携帯なんて、そう普及していない時代でしたから、手紙の交換が主流でした。

私にも、学生のころ、文通相手が数人いました。
文通するのは、とても楽しくて、何年もこの方と続いていたと思います。
手紙を書くための、便箋を購入するのも楽しみの一つでしたね。

時々、写真を同封したり、誕生日にはプレゼントが届いたりと、楽しんだものです。
毎日、手紙が届いていないかと、ポストを何回ものぞきに行ったものです。
そんな文通相手の一人に、ちょっと変わった男性がいました。

彼は、雑誌で知り合った男性で、文通をすることになりました。
まず、字があまり上手ではなく、読みにくかったです。
でもそれは仕方の無いことだと思っていました。
毎回、写真を同封してくるんです。

自分の写真や、ペットの写真、風景などを送ってきました。
そして、誕生日には小さいぬいぐるみを贈ってくれました。
また、ちょっとした小物をよく送ってきてくれました。
キーホルダーやペンなどです。

そして、かなりの距離があるのに、会いたいと書かれていたんです。
飛行機じゃないと会えない距離なのに会いたいなんて、ビックリでした。
私が断ると、今まで送った写真やプレゼントを返してほしいとの手紙。

私は、逆恨みされるのが怖くて、全部返すことにしました。
それかから、しばらく非難の手紙が届くように。
もう封を切るのも怖くなり、そのまま送り返しました。

こんな男性もいるんだと、学生時代に勉強になった出来事です。